>

資源ごみを持って行ってもらいたい

不用品回収業者の種類

粗大ごみしか受け付けていない不用品回収業者もありますし、資源ごみも持って行ってくれる不用品回収業者が見られます。
不用品回収業者に資源ごみを回収してもらえれば、手間を省けるので便利です。
資源ごみを回収できる日が決まっていますが、その日を逃がすことがあります。
するとまた間2週間近く待たなければいけないので、その間にも資源ごみが溜まります。

大量の資源ごみを、1回で回収場所に持って行くのは大変です。
自分の負担を減らすため、不用品回収業者に依頼しても良いと思います。
連絡すればすぐに来てくれるので、回収する日を逃しても安心ですね。
いつ不用品回収業者に連絡する日がくるかわからないので、連絡先を調べておきましょう。

大量の雑誌は持って行くのが大変

1か月に数冊、雑誌を購入している人が見られます。
するとあっという間に溜まってしまうので、定期的に処分してください。
雑誌は少ない冊数でも、重さがあります。
それを資源ごみの回収場所に持って行くのは、大変でしょう。
特に高齢者や力の弱い女性は、何回かに分けて持っていかなければいけません。
面倒ですが、不用品回収業者に任せれば手間を省くことができます。

雑誌を処分してもらうだけなら、1000円以下で済むケースが多いです。
そのぐらいの料金なら、経済的な負担には感じないでしょう。
無理に自分で大量の雑誌を運んで、腰などを痛めると治療費がもっと掛かります。
不用品回収業者という頼れる存在があるので、遠慮しないで依頼してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る